ECsuites

078-327-2280

(平日 10:00〜18:00)

失敗しない!
ECシステム・パッケージの選び方

  • HOME
  • 失敗しない!ECシステム・パッケージの選び方

ECシステム・パッケージを選ぶ前に知っておくべき内容を簡単解説

世の中にある3種類のECシステムの選び方を解説した上で、その中の一つ、ECパッケージの選び方を詳細に解説します。

ECシステムの種類

ECコンサルタント

ECシステムを選ぶには、どのような種類があって、それぞれにどのようなメリット・
デメリットがあるのかを理解する必要があります。
まずは、3種類のECシステムについて説明していきます。

ASPサービス

企業が提供しているサービスをレンタルして使用します。住宅に例えるならば、賃貸マンションに住んでいる状態というところです。賃貸マンションであれば内装の変更ができないといった事と同じようにASPサービスではシステムの機能追加やカスタマイズができないといった制限が存在します。

メリット・デメリット
Rental

スクラッチ開発

お客様の要望に合わせてゼロからオーダーメイドの仕組みを作り上げていきます。住宅に例えるならば、一戸建ての注文住宅というところです。間取りから部屋の壁紙といった家の構造から装飾まで自由に決めれる事と同じように、スクラッチ開発では機能性・柔軟性にほぼ制限なく作ることができます。

メリット・デメリット
Ordermade

ECパッケージ

ECサイトに必要なプログラム一式がパッケージ化されていて、それを元にお客様のECサイトを構築するソリューションです。住宅に例えるならば、分譲マンションというところです。部屋の設備や内装を好みのものに変更できることと同じように、ECパッケージでは標準の機能の追加・カスタマイズ等機能性・柔軟性のあるECサイトを構築することができます。

メリット・デメリット
Buy Customise

ECシステムを選ぶ際のポイント

ECコンサルタント

ご紹介した3種類のシステムの特徴を比べやすく、まとめると以下の様になります。
多くの企業様では、ECサイトのシステムを検討される場合、最初の選択基準はコストが
ご予算に見合うかどうかで、必然的にシステムの種類が決定されるケースが多くあります。

システム種別 システムコスト システムの機能性・
柔軟性
導入コストの目安 目指す年商の目安
ASPサービス 低コスト 乏しい 数十万円 1億円~
ECパッケージ 中間 高い 数百万~数千万円 数億円~
スクラッチ開発 高コスト 非常に高い 数千万~数億円 数十億円超
ECコンサルタント EC事業責任者

ですが、目指す年商の規模感により相応のシステムがあります。
ECシステムの選定に失敗しないためには、導入するECサイトで目指す
年商を明らかにした上で、必要なシステムを選択するといいでしょう。

なるほど、今後目指す売り上げを明確にして、それに合うシステムを選び、
予算を確保したほうがよさそうだな。我が社の場合、年商5億を目指したいので、
ECパッケージが望ましいということか。

ECパッケージといっても、様々な種類の製品があります。
今回は、引き続きECパッケージの選び方についてご紹介していきます。

ECパッケージの選び方

ECパッケージを選ぶ5つのポイント

ECコンサルタント
では、引き続きECパッケージの選び方についてご説明します。
ECパッケージといいましても、様々な特徴の製品がございますので、企業のECサイトと
して、今、選定する際に抑えておきたい5つのポイントをご紹介します。

1. ご要望(必要な機能)とマッチしてるか?

ECコンサルタント

どのECパッケージにも機能説明や機能一覧などの資料がありますので入手して下さい。その資料とご要望の機能を照らし合わせて、マッチする機能が多い程、カスタマイズのコストを抑えられる可能性が高まります。

ご要望(必要な機能)とマッチしてるか?

2. 同業他社の実績や業界のノウハウはあるか?

ECコンサルタント

対象のECパッケージに同業他社の実績があるか、あるいは業界のノウハウをアピールしているかを確認して下さい。同業他社の実績や業界のノウハウがあれば、ECパッケージが適合する可能性が高まりますし、ベンダーとのコミュニケーションもスムーズにいく傾向があります。 特に当社のように業界を絞って開発されたパッケージは、その業界の特性に適合する可能性が格段に高まります。逆に実績がなかったりノウハウがなさそうであれば、注意が必要です。

同業他社の実績や業界のノウハウはあるか?

3. 市場のトレンドを取り入れているか?

ECコンサルタント

EC市場は日々変化しながら様々な機能やサービスが創出されており、有って当たり前になる機能も日々増加していっています。そういった市場の変化に取り残されないためにも、対象のECパッケージが継続的に市場のトレンドを取り入れ、バージョンアップしているかを確認下さい。

市場のトレンドを取り入れているか?

4. セキュリティは大丈夫か?

ECコンサルタント

対象のECパッケージがどういったセキュリティ対策を実施しているかを確認下さい。サイバー攻撃、情報流出などセキュリティの問題は、ECサイトを運営する上で避けて通ることはできません。セキュリティを疎かにして、万が一事故を発生させてしまった場合、EC事業ひいては会社に多大な損害を与えることになります。

セキュリティは大丈夫か?

5. ご予算とコストの差は大き過ぎないか?

ECコンサルタント

最後に、やはり決め手となるのはご予算とコスト(御見積り)になります。ECサイト導入の失敗で有りがちなのは、コストだけでパッケージを選定したために、不具合が多かったり、想定していた機能が満たされていないケースです。いくつかのECパッケージのコストを比較して、低すぎるコストの場合は、ご要望が本当に実現できそうか、コスト以外の面でもよく比較検討して下さい。

ご予算とコストの差は大き過ぎないか?
ECコンサルタント EC事業責任者

以上が、ECパッケージを選ぶ際の5つのポイントです。特に、ECサイトでは顧客情報など個人情報を取り扱うため、企業としてはセキュリティ対策は万全を期すべきポイントとなります。

確かに、近年セキュリティ事故に関するニュースはよく耳にするので、万全の
対策が必要だなぁ。この5つのポイントを元に、早速社内でECパッケージの
選定を進めるとしよう。助かったよ。

では、弊社ECsuitesが選ばれる理由も併せてご案内いたしますので、是非そちらをご覧になって、貴社のご検討の材料になさってください。

ECsuitesが選ばれる理由

※当ページのECシステム・ベンダーの選び方は、あくまで当社の考えをご参考として掲載しているものであり、
ECシステム・ベンダー選定の結果を保証するものではありません。

トップへ戻る