ECsuites

078-327-2280

(平日 10:00〜18:00)

コラム

  • HOME
  • コラム

KDLアパレルEC通信

アパレルECに関するトレンド・考察を毎月お届け

バックナンバー

「接客」ツールで購入率が20%UP?

2015年6月16日公開分

【1】「接客」ツールで購入率が20%UP?

ユーザーの属性(会員/非会員、累計の購入金額、コンバージョン率など)に合わせて、
クーポンの発行や商品のレコメンドなどができる「接客」ツールが普及しつつあるようです。

特に3月にローンチされました、リアルタイムウェブ接客ツール「KARTE」が代表格のようで、
その他のツールについてもサイトを見る限り、購入率(CVR)が20%UPするなど、
少なからず改善する傾向にあるようです。

確かに、購入しようかどうか迷っているような"良い"タイミングでクーポンを提示されたり、
商品をおススメされれば、顧客の購買意欲を刺激できるのだろうと思います。
その”良い”タイミングをいかに精度良く捉えられるか、そのストーリー設定が成果の鍵になりそうです。

<参考記事>
リアルタイムウェブ接客ツール「KARTE」が正式ローンチ—購入率4倍の事例も

【2】アパレルECにおける「接客」サービスの展望

店員が顧客の体型や容姿を見て、その人に似合う商品をおススメする。
実店舗であれば当然に行われているサービスですが、
これは、ECサイトにおいても「接客」の要になっていくのではないでしょうか。

ECサイトの現状は、商品の詳細な情報やコーディネート、
複数の画像や動画など、多くの情報がユーザに与えられてはいても、
あくまでユーザ自身が自分に似合うかどうかを判断しているのではないでしょうか。

本人の写真から画像の解析を行い、身体の部位の長さや肌の色、髪型、顔立ちなどを類型化し、
その類型と商品がマッチする度合いを数値化できれば、
顧客毎に似合う商品をおススメすることは実現の可能性を帯びてきます。
これは、店員の接客ノウハウという暗黙知を形式知化することと言えます。

このサービスを実現するために、技術的に解決すべき課題がどれ程なのかは分かりませんが、
いずれは世の中に登場してくるサービスなのではないかと想像しています。

ちなみに、自分の体型や容姿ではないですが、人工知能が「好み」に合うアイテムを提案してくれる
センシーというスマフォアプリはすでに実在しています

<参考記事>
ファッションスタイリストアプリ センシー

【3】ますます多様化する決済サービス、どうなっていくのでしょうか?

5月よりAmazonログイン&ペイメントがサービスを開始しています。
参考になりそうな記事をいくつかピックアップしました。
ポイントは決済の利便性もさることながら、
会員情報や決済情報の登録を省略できる点にあるようです。

Amazon、楽天、Yahoo、Apple、Google、LINE、携帯キャリア各社、etc...
と多くの企業が参入し決済方法が多様化していますので、
決済サービスの市場は成長期に入っていることが伺えます。

正直、どのサービスが拡大したり、生き残っていくのかは分かりませんが、
ECサイトにおいて「多様な決済方法に対応していること」が、
より重要になっていくのは間違いないように思います。

<参考記事>
東洋経済オンライン  …  全体的なことが丁寧に解説されています
worldiceru.com  …  メリット等が分かりやすく解説されています。楽天ID決済やYahooウォレットとの比較表アリ。

ECsuitesのECパッケージにおいても決済の多様化にどう対応していくか検討中です。

【編集後記】

今回の記事では、アパレルEC関係の事実的な情報を集めただけでなく、
将来的な展望を交えた記事にしてみましたが、いかがでしたでしょうか?
ご意見等がございましたらお聞かせ頂けますと幸いです。

アパレルECのトレンドをお届けすることで、少しでも皆さまのお役に立てればと思いますので、
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

  • 最新のバックナンバー・過去のバックナンバーに戻る
  • メルマガ登録(無料)

トップへ戻る