ECsuites

078-327-2280

(平日 10:00〜18:00)

コラム

KDLアパレルEC通信

アパレルECに関するトレンド・考察を毎月お届け

バックナンバー

Googleの検索結果に大きな変化をもたらすアップデート<モバイルフレンドリー>

2015年4月15日公開分

【1】Googleの検索結果に大きな変化をもたらすアップデート<モバイルフレンドリー>

Googleが2月末頃に公式に発表していましたが、4月21日にGoogleのアップデートが行われる予定です。
ウェブサイトが<モバイルフレンドリー>であるかどうかをランキング要素として使用するようになるとのことです。
既に<モバイルフレンドリー>であるサイトには、スマホでの検索結果に「スマホ対応」というラベルが表示されています。
Googleの発表で、「この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Googleの検索結果に大きな変化をもたらします。」とあることから、これまでのパンダアップデートやペンギンアップデートよりも影響が大きい可能性がある、と言われています。

最近ではスマホからのアクセスが50%を超えるECも増え、中には80%以上というサイトもあります。
特にアパレルのECサイトは、スマホからのアクセスが多い傾向にあります。
世の中の流れを考えると、スマホ対応は当たり前で、それが検索結果に反映されるのも、当然かもしれませんね。
果たして今回のアップデートがどのくらい影響を与えるのか。
こればかりは実際に様子を見ないとわからない、というのが正直なところです。

ただ、今までのアップデートよりも対応すべき内容は明確で、ガイドラインまで出ていますので、準備や対策ができます。
貴社サイトが<モバイルフレンドリー>であるかどうかまずは確認し、改善が必要であればガイドラインやチェックツールを参考に改善してみてはいかがでしょうか。
また、4月21日のアップデート後にどのような変化があったか、確認してみてください。

以下に参考情報を掲載しています。

<ガイドライン>
[Google]ウェブマスター向けモバイルガイド

<チェックツール>
[Google]モバイル フレンドリー テスト
[Google]ウェブマスターツール:モバイルユーザビリティレポート

<参考記事>
[Googleウェブマスター向け公式ブログ]検索結果をもっとモバイル フレンドリーに
[SEO HACKS]ペンギンアップデートとは
[SEO HACKS]パンダアップデートとは

<おすすめツール>
[GRC]検索順位チェックツール

◆◇◆ECsuites情報◆◇◆
ECsuitesのECパッケージでは、スマホに対応したデザインを標準で提供しています。

【2】Googleが遅いサイトにはモバイル検索で「Slow」ラベルを付けてテスト中?

こちらは公式には未発表のようですが、「スマホ対応」ラベルのように「Slow」ラベルが表示されていた、との報告を挙げているユーザーがいます。
しかも「スマホ対応」ラベルはグレーの文字で地味目なのに対し、「Slow」ラベルは背景赤色で白文字の、いかにも警告のようなとても目立つラベル。

たしかにスマホで閲覧している際に「遅い(重い)」と感じるサイトはユーザーにとって良いサイトとは言い難いので、Googleが提唱している「ユーザーが快適に利用できるサイト」という考え方に反していますね。
サイトが重い要因は様々で、対策もいろいろあるのですが、中には日々の運用で気を付けることができる内容もあります。
例えば、アパレルECでは多く画像を掲載する傾向にありますが、サイトに掲載する画像の容量に気を付ける、といった対策が考えられますね。

前々から表示速度もSEOのランキング決定に影響していると言われています。
よって今に始まったことではありませんが、「Slow」という目立つラベルを貼られると、ユーザーがそのリンクをクリックする可能性が低くなるのは間違いありません。
現時点では、表示速度はPCサイトが基準になっているそうです。
ただ、【1】にも挙げたように<モバイルフレンドリー>が重要になっているので、モバイルサイト独自の速度もSEOに影響する日も近いのではないでしょうか。

以下に参考情報を掲載しています。

<参考記事>
[海外SEO情報ブログ]Google、遅いサイトに付ける「Slow」ラベルをモバイル検索でテスト中か?

<おすすめツール>
PageSpeed Insights

<検索エンジン>
検索エンジンサービス「sui-sei」

◆◇◆ECsuites情報◆◇◆
ECsuitesのECパッケージでも、ページ表示速度を速くするための改善を随時行っています。

【3】大手レシピサイト担当者が自社SEO施策ノウハウを公開

「SEO」と言っても、ひと昔前の機械的な対応ではなく、現在は「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」が「SEO」だと言われています。
では、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」とはどういうものなのか。
大手レシピサイトのクックパッド開発者ブログでは、SEO施策のプロセスとその効果を公開しています。

そこには、「SEOで最も重要なのはコンテンツを探す人と、提供者のギャップを埋めることです」と書かれています。
記事を読むと、コンテンツを考える際には、「どのユーザーに対して」「どのようなキーワードで」流入してもらうか、ターゲティングが明確であり、そのための調査にも力を入れていることが伺えます。
その際には各種ツールも活用していることがわかります。もちろんSEOの基本的な施策は実施しているとのこと。
「お客様目線」で、どういうキーワードで、どんなコンテンツを探しているのか、ということを考えてコンテンツ作りをすれば、新規ユーザーに流入してもらえるようになるかもしれません。

実は、アパレルECではどうしてもSEO施策を後手に回してしまう傾向があります。
ブランド名等で流入し、サイトに来てから商品を探すという流れが大半だからです。
商材を考えると仕方ないかもしれないですが、だからといってSEO施策を無視しても良いわけではないと考えます。
もちろんブランド名を知らない新規ユーザーにも流入してもらいたいはずです。
そのためには、このSEO施策ノウハウはとても参考になるのではないでしょうか。

以下に参考情報を掲載しています。

<参考記事>
[クックパッド開発者ブログ]新コンテンツを作る際のSEO施策の効果評価とクックパッドのSEO

<ガイドライン>
[Google]検索エンジン最適化スターターガイド

◆◇◆ECsuites情報◆◇◆
KDLでは「Web最適化支援」というサービスがあり、アクセス分析を中心とした分析を行い、売上UPを目的とした改善案をご提案しています。
何かご相談があればお気軽にご連絡ください。

【編集後記】

今回の記事では、SEOの話題を中心に記事を書いてみました。Googleのアップデートは随時行われるので、こういった情報を定期的に追いかけることが重要です。
普段からユーザー目線で考えて「使いやすいサイト」を提供していれば知らないうちにSEO施策をしていたことになる、ということもあると思います。
突然のアップデートにも慌てなくて済みますね。
ぜひ一度、貴社サイトを見直してはいかがでしょうか

  • 最新のバックナンバー・過去のバックナンバーに戻る
  • メルマガ登録(無料)

トップへ戻る